まる友

週末と月曜、3日連続で朝の西岸散歩。

0807_01.jpg

日の出から7時くらいまでは、犬天国なのである。

0807_06.jpg

わいのわいの。
まると仲良くしてくれてる一味。

0807_03.jpg

ファンファンとビンビンは若くてフレンドリーで遊び上手なんだけど、
飼い主のおっちゃんたちも同じくフレンドリー。

犬の名前や年齢から始まって、上海にどれくらいいるの?とか、
日本に連れて帰るの?とか、背中の傷跡どうしたの?とか
ママ友のような話をして、適当なところで
「また明日ね〜」と去っていく。

0807_02.jpg

ビンビンはいちばん明るい性格で、ファンファンやまるとじゃれるのが大好き。
ファンファンは礼儀正しく遊び好き。まるを上手に遊びにさそってくれる。
このほかにチョコレートちゃんというやんちゃなボーダーコリーもいる。
最近のマイブームはチョコレートちゃんの
飼い主のおばちゃんのモノマネ。(誰もわからない)

0807_04.jpg

1匹同士だとうまく遊べるまる、なぜか集団になると引っ込み思案になるみたい。
犬もいろいろあるやねー。

0807_05.jpg

と思ったら、さらに引っ込み思案な子がいた模様。白いなー。

0807_07.jpg

飼い主は今日も凧見学。蛸の凧!でっかー!

だいたい6時くらいに起きて、犬猫のご飯をあげ、トイレを掃除し。
6時20分くらいに家を出て、公園で40分遊んで、7時40分に家に帰る。
それからシャワー浴びて、弁当作って、支度して
会社に10時くらいに到着。

1日が長いのだった。
 

上海の出前

相変わらず暑いので、週末は早朝のまる散歩以外、ひきこもり。
家でごろごろしながら、出前三昧でした。

0807_08.jpg

土曜日は、北京ダックが食べたくなり、発注!
すごい夕立にもかかわらず、40分くらいで到着。

0807_09.jpg

じゃーん。けろがつられて出てきた。
容器のしたには石灰で熱くなるパックが入っていて、蒸気で冷めないようになっている。
この北京ダックセットが140元=2,400円くらい。

中国の出前、「外卖ワイマイ」は
app連携デリバリーシステムがとても良くできていて、究極に便利。



食べたいものが何でも出てくる、という
ドラえもんのグルメテーブルかけを現実にしたような感じです。
注文の流れはこんな感じ。






注文→調理→配達のいちれんの流れで、だいたい30分で着きます。
配達も10分程度で着くので、熱々!

日本はデリバリーのシステムと配達人を
店舗ごとに持つことが多いですが、
それを一括でデリバリーシステムサービス会社がやるという仕組み。

このサービスに加盟すれば、どんなお店でも、どんなレストランでも
デリバリー産業にすぐ入れるという優れもの。
配達人は店舗ごとにいる訳ではなく、
近所にいて空いてる人が担当します。
配達料は100円程度。注文した人が払います。

0807_10.jpg

自炊熱に冷水をぶっかけまくる、この超便利サービス。
自宅だけじゃなく、会社のお昼ご飯や、ホームパーティーなど、
上海生活に欠かせない。

もちろんお店でみんなでわいわい食べる中華はとても美味しいけど、
くそ暑くて出歩きたくないときや、寝巻きから着替えるのが面倒なとき、
仕事の手が空かないときなど
出前のチョイスが無限にあるこの堕落の喜び…。
痩せないな〜。とほほ

 

電動バイクを買う

愛用していたシェア電動自転車のサービス、
ユーザーが増えたので取り合いが激化したのと、
故障車輛が増えまくっているんので
微妙に使い勝手が悪い。
ので自分で電動バイクを買うことに。近所の自転車屋へ〜



おー、なんとなく日本で乗ってたジョルノっぽい!
ちなみにこれは中国の法律では「自転車」扱いなので、免許がいらないのです。
原チャリのエンジンを、モーターに入れ替えたもの。
乗り心地は、静かな原チャリ。



これもいいなあ。赤もいい。
だいたいここら辺の車体は2000元〜2500元くらい。
それにバッテリーの値段が追加されます。
淘宝だともっと安い。

バッテリーを吟味し、総額が4000元(7万円)になったので
一度家に帰って検討をする。
ついでに家の一番近所のバイク修理屋にも行ってみた。
ここは一番最初に自転車を買った店でもある。(即攻盗まれた)

ザ、ローカルな店なので、ださいのばかり、、と思いきや
おお!



なんか…白バイっぽくないか。パトレーバーっぽい!え、ちがう?
80年代SFアニメっぽくて気に入ったので購入〜。
決めては

0802_11.jpg

ファッション&クール! ファッション パワーNo.1ですよ!
買うしかない!

ということで、車体にバッテリーを取り付けてもらうことに。
電動自転車のパワーと価値は、ほぼバッテリーで決まるといっても過言ではありません。
安いバッテリーはでかく重い。高いバッテリーは小さく軽い。

0802_08.jpg

12Vの鉛電池を5個、ケースにおさめて

0802_09.jpg

直列につなぎます。これで60V。このあとケースに蓋をし

0802_10.jpg

ステップ部分に収めます。
これは取り外しして家でも充電できるタイプなんだけど、安いバッテリーなので
くっっっそ重い。10kg以上余裕である。ので、基本は街頭にある
充電スタンドで充電することになる感じです。

ちなみに充電池だけの盗難も頻発するので、
ここに後付けで盗難防止プレートや鎖をつけたりするのが上海風。



あとは、パスポートや臨時居留証明などの書類を用意すると、
お店の人がナンバーをとってきてくれます。
ナンバーがないと違法になっちゃうので、おまわりさんに捕まります。
ちなみにこの前、一方通行違反で捕まって前科者になりました。(罰金払った)

0802_01.png



だいたい1回の充電は6〜8時間。それで50kmくらい走ります。
会社へ片道4.5kmで、平日通勤に使うとちょうどいい感じの予測。
充電だけが面倒だなー。盗難対策しないとだし。

1回は盗まれるものらしいので、覚悟してます。
次に欲しい車種も決めてる。

しかしこの電動バイク(自転車)、盗難の問題をのぞけば超便利。エコだし。
ノーヘルOKだし。2人乗りは違法だけど、してる人がたくさん。
しかも恐ろしいことに制限速度が無いのだった…。
50kmくらい出るぞこれー!
ウィンカーやミラー、ライトはついてますが、自転車なので
使っても使わなくてもどっちでも良いという、修羅の国なのであります。

 
  • 2017.08.02 Wednesday
  • -

     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif