バター醤油枝豆

家の周りは昔からの農家さんが多く、だいたい畑の横の敷地内に、産直コーナーがあります。
そのときそのときに採れた新鮮な野菜や花が並ぶのですが、
我が家で大ヒットしたのが、これ。

0724_04.jpg

採れたて枝豆!
6月中旬から7月中旬くらいまでが、世田谷の枝豆シーズンらしく、
残念ながら今はもう枝豆は終わっています。
今年は1ヶ月の間に、何度枝豆を産直で買ったことか。

0724_02.jpg

昔ながらの、野菜を並べて、お金を入れる缶が置いてあって、、という牧歌的な産直もありますが、
家の近所はみんなこのコインロッカー型。
決まった金額のお金を入れると、鍵が開いて中の野菜が取り出せる仕組み。

0724_03.jpg

朝に採った枝豆が300円で買えてしまうのです。すげー。
どの野菜も採れたては美味しいですが、枝豆とトウモロコシは、とくに時間が勝負だと思う。
味の濃さ、香りが全然違います。

0724_05.jpg

さやもピカピカで、全体にみずみずしい。
カメムシが枝豆の葉っぱ大好きらしく、たいていカメムシがくっついてます。
枝から切り落として、ざっと洗って、フライパンに入れて火にかけます。

0724_06.jpg

蒸し焼きに。豆だけ入れると焼き枝豆。歯ごたえと香りがある仕上がりに。
水少々を入れて蒸し枝豆でも。ほっこり風味がある仕上がりに。
茹でてももちろん美味しい。

0724_07.jpg

適当に塩をして、全体に味をなじませます。
半量はこのままプレーン味として取り置いて、残り半分をバター醤油味にします。
フライパンの塩を一度洗い流して、もう一度火にかけて

0724_08.jpg

バターを溶かし、醤油を入れます。
そこへ取り置いた半量の枝豆を投入し

0724_09.jpg

ざっと煽って馴染ませたら、完成ー。

0724_10.jpg

朝採れ枝豆のバター醤油炒めと、プレーンの焼き枝豆。
プレーンは鮮度の良い豆の旨味がひきたって、じんわり幸せ味。
バター醤油味は、醤油の香ばしさとバターと、豆の味がお互いを引き立たせて、
無心に食べ続けてしまうやばい味!

0724_11.jpg

週末はたいてい、まるぞうの散歩帰りに産直で野菜買って、つまみにして、昼からビール。
贅沢で幸せな時間なのだった。

枝豆だけでなく、トウモロコシも、トマトもズッキーニも
「ええっ」って唸るくらい美味しい。
ズッキーニはただ焼いただけでも甘くてジューシーで、、
焼いたズッキーニを噛むと、汁がほとばしるのですよ。

いまの家は駅から遠いし、会社からも遠いので、毎日地味に大変なのですが、
それを全部チャラにできるくらい破壊力のある朝採れ野菜たちでした。

0724_12.jpg

まるぞうに絡んでパンチを繰り出す、ごきげんなけろ。
けろは好きな人の前だと、しっぽがくるんと背中につく。

0724_13.jpg

ようやくけろがホットカーペットを使わなくなったので、しまえる。
もう7月も終わりだよー。

0724_14.jpg

ぽんはけろより暑がりなので、6月くらいには卒ホットカーペットしていた。

この家に越してきてびっくりしたのが、電気代の高さ。
60屬曚匹旅さで、部屋のしきりがないので、夏と冬はエアコン2台がフル稼働。
断熱効率が悪いコンクリ打ちっ放しのため、かなり無駄が多い。
しかもアンペア契約が70Aで、基本料金も高い。

ということで先月、アンペアを40Aに落とし、契約内容も変更しました。
結果、ようやく納得のいく料金に。それでも高いけど。。
もっと早く手続きしておけばよかった。

0724_01.jpg

ヤマドリタケモドキ追加ー!このでかさ!ずっしりきます。
1日ですごい大きくなる。きのこの不思議をかみしめつつ。

あ、もちろん昨日食べたあとも体調崩すなどなく、無事で生きておりますよ。
クリームが余ったので、もう一発、食べどきサイズなこちらで、パスタ作ろうかと。

日本のヤマドリタケモドキは厳密には色々な種類があるらしく、
本来のポルチーニであるヤマドリタケより香りは落ちるらしいです。
たしかにそんなには香らないんだよなー。旨味はあるけど。

レストランで生のポルチーニ食べるとすっごいお高いから、
1度か2度しか食べたことないし、酔っ払ってて味の記憶がない。
後学のために今度食べてみようかな。。

上海に住んでたときだったら、雲南省のフレッシュきのこが
淘宝網で買いたい放題だったのにー。残念!
アミガサタケでもトリュフでもポルチーニでも、
フレッシュなものが簡単に手に入る。(ただし近縁種の場合も)

きのこ楽しいよきのこ。
 


初ポルチーニ

昨日、生まれて初めてポルチーニを採ったという話です。
しかも家から300mくらいのところで。

0723_31.jpg

富士山も登り終え、誕生日も終え、選挙もしたし、
ぼへーっとまるぞうの散歩をしつつ、きのこパトロールをしていた午前中。

0723_18.jpg

やや!
以前から目をつけていた、どんぐりの樹の根元に、変なきのこ発見!
近づいて探すと、周りにもっと大きい、老菌が朽ち果てつつ倒れていた。

0723_19.jpg

これは、、軸に網目があるイグチ!!!!
探しもとめていたヤマドリタケモドキーーーー!!(=ポルチーニ)
しかも30cmくらいある!
わわわわわ!!!
東京でも、街角でも生える、とネット上で情報は得ていたのですが、
昨年から探し始め、今年も梅雨入りころからさんざん探していたのですが、出会えず。
砧公園や大蔵公園もぐるぐる回ったのですが、出会えず。
なのに、こんな家の近所に、まるぞうの散歩コースに生えていたとはーーー

0723_20.jpg

ヤマドリタケモドキはきのこクラスタの方々の間では、大人気きのこ。
同定が他のきのこと比べてしやすい、味が良い、しかも大きいのです。
イグチの仲間はたくさん生えますが、軸が上の写真のようにすべすべしておらず、
網目模様があるのが最大の特徴。

0723_21.jpg

30cm級のやつはすでに朽ちかけているけれど、手前にも中サイズのを発見。
よく見ると、良型のも生えてるけれど、金網の奥で、取れず。。
一番手前のを、金網の隙間から失敬いたしました。
そしてなぜか、きのこの下に鶏卵(?)が落ちているという謎。。

0723_22.jpg

ここの薮にはアオダイショウも住んでいる。




0723_23.jpg

ちょっと古いなあ。でもまあいけるでしょう。塩水で虫出しをしつつ。

0723_24.jpg

大きなー!軸がこんなん。
この日はここまでで、冷蔵庫にしまって、会社に行ったのでした。

0723_25.jpg

翌日。冷蔵庫から出したヤマドリタケモドキをスライス。
冷蔵庫にいれないで、風通しの良いところにざるに入れて置いておけばよかった。
柔らかく水っぽくなってしまっていた。

0723_26.jpg

オリーブオイルで、ベーコンと一緒に炒めて

0723_27.jpg

バター投入。塩胡椒してー

0723_28.jpg

生クリーム。
茹で上がったパスタと、茹で汁少々をいれて、和えて

0723_29.jpg

完成ーー。
ポルチーニのクリームパスタ。

0723_31.jpg

うううう。
軸のところがシャクシャクして美味しい。旨味がとても出る。ベーコンいらなかった。
古かったせいか、歯ごたえはいまいちなので、今度は良型のをフレッシュなうちに使いたい。
ああ!金網さえなければ!!(THE不審者)
売ってる乾燥ポルチーニも美味しいので、松茸ほどの希少性はないけれど
「ご近所で採れる」というレクリエーション性が面白いかなあと思いました。

0723_30.jpg

近所で拾って食べる生活といえば、今年の梅酒。
家の前の公園は、もともとは農家の地主さんの敷地で、庭木がそのまま公園の樹として残っている。
梅が最高にいい梅の樹で、、実のサイズが南高梅LLなみにでかいのだ!
大風が吹いた翌日にまるぞうの散歩で行ったら、ぽたぽたと梅の実が落ちていて、
それを拾ってきた。落ちた梅なので完熟に近い。
残念ながら香りは売っている梅の方が良いけれど、これはこれでなかなか楽しみなのであった。

日本に帰ってきたらやりたいことが、
富士登山と、ポルチーニを採ることだったので、ふたつとも叶ってしまった。

いいのか、そんなことで。(by神様)

 


富士山2019

0723_16.jpg

先週になりますが、富士山登ってきたー。
7/17に登山、頂上一泊、7/18下山。梅雨前線が居座っているせいで、
天気予報は前日まで雨予報でした。当日の早朝もじゃーじゃー降り。

0723_02.jpg

が、7時くらいには、雨も小降りに。須走の町からも、頂上がちょこっと見えてます。

0723_03.jpg

登山前に須走浅間神社に寄ったときにはすっかりあがって

0723_04.jpg

ふじあざみラインを5合目登山口まであがったら、すっかり快晴に!
わー、これはツイている。が、、このまま快晴だと、
下の樹林帯を登るときに暑くて熱中症になるぞ。。

0723_05.jpg

と思っていたら、ちょうどよくガスがかかり、涼しく登れました!
快晴の富士山は暑さとの戦いになり、汗をかいてかなりバテるので、
5合目から7合目を登るときはガスってたり小雨の方が涼しくて良いです。

0723_06.jpg

8合目から上は雲海を抜けるので、快晴!
ここまで登ると涼しくなってくるので問題なし。ただし日に焼けるが。。

0723_07.jpg

ぜえぜえはあはあ。登頂〜。
天気が悪い予報だったので、登山客がかなり少なく。いつもは混みこみの扇屋さんの前も、
このガラ空きっぷり!今年の富士山はどうしたのだ。日本人より外国人登山客の方が多いくらい。

0723_08.jpg

8合目から下は雲海。
しかしながら、よく頂上まで登れた、、4年前より15kgも体重が増えてしまい、
山も登らなくなったので、身体が物理的にも心理的にも重すぎる。
富士登山合わせで低山登山で調整しようにも、週末の梅雨天気で、山に行けず。
一週間前にようやく大倉尾根-丹沢山をピストンして、最終調整ができたのでした。

0723_09.jpg

お誕生日だったので、山小屋でスタッフからお誕生日カレーいただき!
え、激盛りやん、、!美味しくいただきましたー。
4年ぶりに会った人ばかりで、懐かしいやら変わってないやらで(お互い歳はとってる)、
話がつきないのであった。

0723_10.jpg

雨予報も吹き飛ばし、天候ばっちりの良い誕生日でした。
しかし、風が強くて寒いー。体感温度が5度以下。冬山装備でちょうど良い。
日没前にこの寒さだと、深夜はどうなることやら。

0723_11.jpg

影富士。写真右端側は崩落したところです。なんとか登山道整備が7/10の開山に間に合ったそうで
ネットが貼ってあったり、金網の簡易柵があったりで、例年とはちょっと違う感じになってた。

0723_12.jpg

20時くらいには風が止んできて、ようやく寒さが収まった。きれいな満月。
登山客が少ないせいで、山頂には誰も歩いていなくて、深夜にトイレにいったら
火星を歩いているようだった。

0723_13.jpg

4時過ぎから山頂に人が増えてきて、4時50分ころにご来光〜。

0723_14.jpg

梅雨のど真ん中のご来光、ありがたやありがたや〜。
これはもう、今年の天気運を全て使い果たしたな、、
思い起こせば2016年の夏に、一時帰国した折に富士宮ルート登りましたが、
台風の悪天候のため、8合目で引き返したのだった。リベンジ。

0723_15.jpg

ご来光時も本当に空いてて、拍子抜け。
梅雨明けしたこれからがハイシーズンになるのかな。
来年はオリンピックがあるのでさらに登山客が増えるらしく、賑やかになりそうです。

8時半くらいに下山をはじめ、12時に5合目、山小屋で打ち上げをし、
14時くらいに須走の町に帰ってきたら、雨が降り出した。
その後は前線通過にともない、台風のような大雨になったそうです。
本当にラッキーな富士登山でありました。

きのこ好きからすると、須走登山口付近と、ふじあざみライン周辺は、
きのこの聖地!秋にまた行きたいなー、と野望に燃えたのだった。
 


     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif