クラムチャウダー弁

1025_01.jpg

ミネストローネに引き続き、昨日はクラムチャウダーでした。

1025_02.jpg

ミネストローネも持っていき、これは夜弁当。

1025_03.jpg

クラムチャウダーは中華風(?)に干し貝柱入りです。
先日大連のおみやげで、干貝ガンベイをたくさんいただいたのだ〜ラッキー
干し貝柱は日本で買うと高級品ですが、中国でも良い値段します。
でも値段の分はきっちり仕事をしてくれる、おいしい奴。
クラムチャウダーにも合うし、出汁が出てうまいのだ。
たこ焼きの生地に入れてもおいしい。
クラムチャウダーは、たまねぎ、にんじん、ジャガイモ、アサリ、干貝。

1025_04.jpg

朝から不機嫌なけろ様。

1025_05.jpg

視線の先には…

1025_06.jpg

無礼者の家来が。
西太后と宦官ですか。

1025_07.jpg

昨日はマキタの掃除機もとどいた〜。
日本で買ったやつがまだ全然使えるんだけど、もう6年くらい前に買ったものなので、
本体だけ新しく同じものを1台購入。
充電池と充電器はついていないので安かった。

モーター部分以外のパーツはシンプルなプラスチック製なので、
全部水で洗っても大体平気なんだけど、さすがに6年使ってると
ヘッドの部分の汚れとかが気になり。
2台あったうちの1台を廃棄して、新しいのと入れ替えようかと。

6年ほぼ毎日使って、充電池もへたらずモーターも元気、さすがマキタである。
質実剛健でリーズナブルで、良い買い物でした。
6年たっても同じものが売っているというのもすばらしい。

1025_08.jpg

マキタの中国のオンラインショップで買いました。
これまたサービス員がしっかりしていて、ぽちっとしたら、すぐにチャットで
(中国の通販は各店舗にチャットサービスが浸透していて、ほぼ即レスしてくれる)
「これは本体だけだけど、電池と充電器がなくても大丈夫?」と連絡が来ました。

充電池と充電器は日本で買ったものなので
念のため写真を送って「大丈夫かな?」と聞いたところ
「大丈夫よ〜」とのことで、本体だけ購入とあいなりました。

1025_09.jpg

新旧そろいぶみ。あ、一カ所違うところが

1025_10.jpg

ヘッドがモデルチェンジしたんですねー。
マキタのロゴはカリタのロゴと似ていてかっこいい。



と思ってあらためて調べたら、似て…ないですね。
母音が a i a ってことと、赤いってこと以外。
人間の認知力なんてこんなもんだ。

実家がダイソンの掃除機使ってて、吸引力はいいんだけど、いかんせん重い。
吸引力が良すぎて床にひっついて、重いのである。かけづらいこと甚だしい。
「生まれ生づる悩み」という言葉が脳裏をよぎる。

うちは犬猫の毛がとれればそれでOKで、毎日ささっとかけたいので、
マキタ先生がいればそれでいいかな、と思った。

1025_11.jpg

まるもマキタ先生を畏れ敬っている。
だいたいの犬猫からリスペクトされるマキタ先生はすばらしい。

 


ミネストローネ弁



すっかり秋も深まり、朝晩はちょっと寒いくらいです。
ここ数日は台風の影響か、風も強く。
昨日はようやく衣替えをし、今日からぬくぬく着膨れライフの予定。
寒くなってきたのでスープが美味しい。



朝からミネストローネ、作りすぎたやでー。
朝は大体、起きて、犬猫にご飯をあげ、トイレの掃除をし、部屋の掃除をし、
まるの散歩にいき、それから自分のご飯と弁当を作成。
お腹が減るのである。



キャベツ、タマネギ、にんじん、セロリで簡単ミネストローネ。
リードの「アクも油が取れるシート」を愛用しております。かんたん。
でも「実はアクも旨味」説もあり、いつも悩む。





たまねぎ入ってるからねー、ないのです。

あとはドイツの輸入ソーセージと、スクランブルエッグ、
全粒粉入りのパンドカンパーニュでお弁当でした。
先週末から旅行やら出張やらでお客さまが来ていて
仕事もそろそろ年末モードに入りつつあり、
ばたばたしておりました。
この時期、すなわち上海蟹シーズンは、お客人が増えますな。

上海蟹は食べ過ぎて身体壊しそうです。
上海蟹は基本養殖もの、しかもここは中国ですから…
抗生剤、成長ホルモン剤、殻をキレイにする剤など、おほほほ、って感じ。
あの美味し〜い蟹味噌は、中腸腺いわば肝臓ですから、ふははは、って感じ。
昨年はダイオキシンも検出され、役満すぎぃ!と思ったのでした。

昨年ダイオキシンのニュースを見てびっくりして、
隣の席の上海人ルルちゃんに「ルルちゃん、蟹どーするよ?!」と聞いたところ
「食べますよ!」という力強い返事。
ルルちゃんいわく

「どうせ人間いつかは死にますから…」

!!すげえ!やっぱり中国は悠久の国すぐる!
と感動したのでした。
ちなみにルルちゃんは1回に10匹くらい食べて、
胆嚢炎で入院したことがあるそうです。師匠…!

まあなんで、台湾のエビ釣りの手長蝦の抗生剤問題くらいは、
誤差の範囲という感じなんでした。
 

連休おしまい

長い連休が終わり、今日から中国は通常営業なんですが
今日追加で1日休暇とってました。
今日が本当の最終日、しかしドラクエ11は終わらず。
ようやくグレイグが仲間になったところだ…遠い目。

今日でひきこもりパラダイスも終わりだし、
おかず作るの面倒だから、蟹でも食べよっかな〜

1009_01.jpg

え、聞こえました?

1009_02.jpg

聞こえたかに?

1009_03.jpg

あげませんよ!剥くの面倒だし。

1009_04.jpg

3匹に横から取られたら、人間の食べるところが無くなっちゃう…泣

1009_05.jpg

じゃあ蟹を買おうかな。今回は近所の市場にきてみました。

1009_06.jpg

ちょうど夕飯時前で、駆け込みで足りない食材をあえ買う人たち。
会社で働いてる人で自炊をする人は本当に少ない。
リタイアした両親か、お手伝いさんが作る、もしくは外食か中食。

1009_07.jpg

淡水魚の魚屋さん。
先にいた親子のお客さんが、上海蟹を吟味している。

1009_08.jpg

上海蟹は重さで大きさを表します。
2人が持ってるのは3.5两(リャン)=175gサイズの蟹。
今日はオスの175gが1匹で、35元=600円でした。
150gを超えてくると、味噌もそれなりに詰まってて
食べて満足がいくサイズです。

右の女性はさらに何匹かバケツの中に取り分けてもらって、
お腹側で鮮度を確かめ、持って重さを確かめ、厳しくチェック。
1匹600円とはいえ、家族分を買うと8匹から10匹くらい、
市場で買う素材としては高級な部類に入るのです。

左下のモザイク部分は、蛙をさばいた内臓が入っているトロ箱。
ちなみに蛙も美味しいです。
頼むとさばいてくれるので、そのまま唐揚げにできる。

で、蟹といえば紹興酒ですが、案ずるなかれ。

1009_09.jpg

家には瓶ごとあるのだった…。封!

1009_10.jpg

瓶ごと淘宝タオバオで売ってるので、何種類か買ってみました。
上の粘土の封は、かなずちとドライバーで、ごんごんはがしていきます。工事のようだ。

お酒飲み放題で、大きめのオス蟹2匹が、
家なら1,500円くらいで十分楽しめる。
ということで秋はここのとこ毎年、蟹三昧。通風こわい。

我が家で一番の蟹好きは、ぽんすけ。
今日も相変わらず、じゃらしの鍛錬に余念がない。

1008_25.jpg

1008_26.jpg

1008_27.jpg

あきらかな八つ当たりである。
この2匹は仲が良いのか悪いのかわからない。
 

     



S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif