まるぞうキャンプ

0528_01.jpg

週末にキャンプ行ってきたー。
道志の森に行こうとしたら、土日にイベントがあるらしく、激混みとか。
金曜日に有給とって早乗りしました。



金曜のお昼すぎに着いたら、すでにかなり混んでて、良いところがだいたい埋まってるー。
ぎりぎり川沿いのサイトが空いていてよかった。
中央道から道志道に抜け、2時間半ほどのドライブ。
道志の森も、道志みちも4年ぶりで、懐かしい。。

0528_05.jpg

わけがわからないのに喜んでいる犬。キャンプ初めてだなー、まるぞう。

0528_06.jpg

道志の森は広大なキャンプ場で、500以上のサイトがとれるそうなんですが、
なんと翌日土曜日は満場の予定。
気候も天気もいいし、昨今はソロキャンプも流行っているらしく、大盛況。

0528_02.jpg

とにかく楽しいらしい、まるぞう。
だだっ広い芝生ではなく、こういう林間の自然がある場所が好きみたい。

0528_03.jpg

川はいまいちなー、という表情。

0528_012.jpg

まるぞうは、水はどうでもいいんんだねえ。
サイトから川にすぐ降りられるので、手足をゆすぐのに便利でした。

0528_07.jpg

そして年々無精者になっており、もはや「テント張るのめんどくせえ」「ペグ打つのめんどくせえ」
という、キャンプにおいてもっともNGワードな「めんどくさい」を連発したあげくの、車中泊。
カングーは助手席もフラットになるので、足も手も伸ばして寝られます。
初代カングーはこれができなかったので、あえてデカングーを買いました。

0528_08.jpg

サイト作るのも、ただシートを車と樹に結びつけるだけという、雑さ。
キャンプっつーより難民だな。
(昨今のキャンパーさんは、みんなオシャレで、
雑誌に載ってるよーなサイトをみんな作りあげるのですよ。。。)

サイト作るより、ビールよビールー。

0528_09.jpg

食材も料理するの面倒くさいので、全部洗って切ってきた。
焼くだけ焼肉。

0528_10.jpg

そら豆もさやごと焚き火で焼けば、ほくほく美味しいー。

0528_11.jpg

だいぶ年季の入ってきた焚き火台。
驚いたのが、ほかのサイトの人たちは、このキャンプ場で売ってる薪を
小さい斧で割ってるのな。。細かいことするなー、、
柴だったらそこらへんに落ちてると思うんだけど。
正しいおしゃキャンパーへの道のりは遠いわ。。と挫折感を味わう。

0528_13.jpg

最後はやきおにを制作。やきおには冷凍食品ー。



お酒もおいしく、焚き火を眺めながら夜がふけるのであった。
つづく!


バラとまるぞう

0513_01.jpg

まるぞうの散歩でよく行く近所の公園が、バラのシーズンに入りました。

0513_02.jpg

おおお、少女漫画に出てくる背景のようだ。。
夕暮れ時に行ったので、オレンジ色の光に染まってきらきらしている。

0513_03.jpg

この公園は専門のボランティアの方々が丹精して管理している公園で、植栽が本当にハイレベル。
まるぞうもこの公園が大好きで、嬉しすぎて興奮して、つい小走りになるのだった。

0513_04.jpg

調布で育ててた植物は、横浜に越したときに父の実家の花壇に移植させてもらったのですが、
上海に行っている間に実家の売却と取り壊しがあったので、植物は全て撤去されました。
一人暮らしを初めたときから育ててたサボテンやドラセナがあったんだけどなあ。

0513_05.jpg

地植えされ、日当たりや風通しが良くて、
手入れもきっちりされた植物は幸せそうで、見てる方も幸せになります。
なかなかベランダガーデニングだと、植物に無理を強いることが多く。。

0513_06.jpg

バラ園すごい。密度もちょうどいい。
砧公園のバラ園より、こちらの方がいろいろな種類が密度が濃く楽しめます。

0513_07.jpg

昼寝から覚めたら、足元で犬猫も寝ていた。
日中は窓を開けているので、風が通るベッドの上が昼寝スポットとして人気である。
季節も良いし、花はきれいだし、犬も猫も健康だし、ここで時間が止まればよいのになーと思う。

0513_08.jpg

日曜日は東京蚤の市に行きました。
土曜日にすごく混雑したらしく、日曜の終わり間際の夕方にいったら、
駐車場もチケット売り場も並ばずに、さくっと入れた。
だけどもう閉店してるブースもあったりで、ちょっと寂しかったなー。

0513_09.jpg

5月は楽しいイベントがたくさんあって、休日が足りないのでした。
 


大洗釣行

0514_01.jpg

土曜日は午前0時起きで、はるばる大洗まで釣りに行ってきました。
ド初心者釣部が発足し、その第一回部会でありました。

0514_02.jpg

かんたんな、サビキ釣りを堤防でやることに。
みんなまったく釣りをしたことがない面々なので、
竿の持ち方やリールの使い方などを師匠(右端)から教わる。
釣り達人なのに低レベルなレクチャー(というか面倒見)を迫られる師匠に
大変申し訳なく思いつつも、サビキ釣りはとても楽しいのでした!

0514_03.jpg

おかげさまでいろいろ釣れたー!
これはイワシ。

0514_04.jpg

メインは豆サバでした。10cm前後のが、群が入ってくると、ぼちぼち釣れた。
あとは稚鮎、イワシ。稚鮎のシーズンはもう終わってしまったそうです。残念。
4時半くらいから釣りはじめ、8時すぎには風が出てきたので撤収。
そのまま車で那珂湊おさかな市場まで移動。

0514_05.jpg

おお!大きくて、魚の種類も豊富で、テンションあがるー!
関東圏の観光用魚市場のなかでは、かなり上位に入るのでは、、
自分が知る限り一番かも。

0514_06.jpg

8時なのでまだ観光客がいないですが、10時をすぎると大変な賑わいになっていました。
魚が新鮮だし、なにより安いのだった。
地場の魚と、ほかの場所でとれた魚と、ちゃんと表示がされているし。

0514_07.jpg

ううう、大洗に住みたい。。
千葉や伊豆、神奈川の魚市場は、漁が良いときにいくと楽しいんだけど、
そうじゃないときは干物くらいしか無くてなー。

0514_08.jpg

この市場があるなら、もはや釣りする必要がないんじゃないか。
というよからぬ雑念が、頭をよぎる。いかん、部活消滅の危機。
大きな岩牡蠣を買って、その場でむいてもらったのを食べたり、試食をしたり、お魚天国。

0514_09.jpg

迷いに迷って、本鮪の赤みのサクと、ムシガレイの風干し、トロサバの干物を買いました。
どれも本当に美味しかった。干物の概念を超えてきた。
ムシガレイはこの干してある串がひとつ1,000円。でかいトロサバ干物も3枚1,000円。
大きいので、食べきれない分はラップをして、ジップロック袋にいれて、冷凍しました。
これでしばらくは酒のあてに困らない、、!

0514_10.jpg

市場の食堂で、舟盛り定食をたいらげ、10時に現地解散となったのでした。
家についたのがお昼すぎ、まだまだ土曜日は長いのだった。

0514_11.jpg

釣ってきた豆サバとイワシはみんなで分けて、うちはイワシフライと豆サバの素揚げにした。
次回はイワシ釣り部らしく、楽しみなのでした。
大洗と那珂湊はいいところだなー。また行きたいなーと思ったのでした。
 


     



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif