4月の雲南旅行その6

4/3 上海虹橋 - 麗江
4/3 虎跳峡トレッキング 前半 後半
4/4 虎跳峡 - シャングリラ 前半 後半
4/4 シャングリラ(天候予備日) ←ココ
4/5 シャングリラ
4/6 シャングリラ - 昆明 - 上海虹橋

朝は0度近くなるにも関わらず、ホテルの布団はペラペラだった。
こんな部屋では洗濯物も乾かない。
布団にくるまりながらCtrip(中国の旅行予約app)で近所の別のホテルを探し、
ぽちっと予約する。



今日はホテルの引っ越しだー!



おおーいいーじゃーん。
これで214元(3,650円)。お湯はすぐ出るし毛布もたっぷりあるし
なにより床暖房がきいてて暖かい!



昨日歩き回って探さないで、さっさとappを使っておけばよかったー。
このホテルのつくりはちょっと変わっていて、
建物の真ん中に大きく吹き抜けがある。その周りを部屋が取り囲んでいる。



吹き抜けの上は天窓風の屋根。



下には薪ストーブ。
シャングリラは夏でも平均最高気温が13度と冷涼な気候。
冬の最低気温は-10度前後なので、建物は寒さ対策が大事になるみたい。



おっ、洗濯物乾燥室みっけ!
部屋に戻り、洗面台で着終わった服をじゃぶじゃぶと洗濯し、
さっそく乾燥室へ。



とくに暖房が効いてるという訳でもなく、物干しが並ぶだけの部屋みたい。



ちゃっかりこういうものが干してあるあたり、中国である。うまそうだな。
さてさて、洗濯終わったことだし、ランチにでもいくか。



外に出たら予報通り、雨が降り出した。
ただでさえシーズンオフで少ない観光客が、さらに今日は少ない。



ケバブセット。肉がもぎゅもぎゅして草のにおいがしてうまい。



シャングリラビール。
雨ですることがなく、昼からゆっくりビールが飲める。



シャングリラの観光は、この古城の中を回ったり、近くの大きなチベット寺に行ったり、
車で少しいった自然公園や草原、高山、湖で風景を楽しむ、というもの。

冬が長く夏が短い、北海道のような場所で
ハイシーズンは6月から8月。美しい草原や湖、高山植物がみどころ。
逆にいえばそれ以外の季節は、草原は茶枯れていたり、花は咲いてなかったり、
何も見るところがない・・ということだ。



しかもあいにくの雨である。

虎跳峡トレッキングは、雨だとガスがかかって眺望がなく
歩く意味がなくなってしまうので、
今回の旅程では天候予備日を設けてました。
もし雨が降ったら、日程を後ろにずらせるように。

その予備日が余っているので、シャングリラでは1日ぼーっとできる、
ということでもあります。



ドライバーの江才から「明日はどうするか予定は決まった?」と連絡が来る。

く「纳帕海ナパハイ(大草原)はまだ草が枯れて茶色だよね。」
江「そうだねー」
く「普达措プーダーツォ公園(大きな自然公園)はやってるかな?」
江「5つあるエリアのうち、2つしか今は開いてないって・・」

見るとこないなー。しかも明日も雨の予報だ。
江才と交渉し、チベット寺の松赞林寺ソンザンリンスーと
石卡雪山シーカーシュエシャンの2箇所を100元で行ってもらうことに。
10時から16時まで車とドライバーを抑えて100元とは。。



行き先が決まったので江才がチケットをあらかじめ買ってくれるという。
現地で買うより、街の代理店で買った方が安いそう。



ぶらぶらと歩いて、古城の真ん中にあるお寺のふもとに。



ひいひい。空気はやっぱり薄く、階段がつらい。



雨はいっこうにやむ気配もなく、夜はみぞれになる予報。まじかー。



そんな天気のなか、巨大マニ車を回す皆さん。

 

シーズンオフじゃしょうがない、雨じゃしょうがないよなー。


シャングリラの観光地を調べるにあたり、
日本語で検索していたらこちらのページに辿りつきました。
この記事の途中に出てくる、シャングリラバスターミナルにいた運転手の写真が
微妙に江才と似ているのである。
これは・・本人かなあ?でも7年前の記事だしなあ・・・
明日、江才に聞いてみよー、とブックマーク。



通りがかりに買った、大麦クルミ餅。わー!これすっげー素朴でうまい!
大麦(裸麦)の入った人形焼のような生地の中に、クルミ餡が入ってる。



なにこれ美味しい〜。無心にもぐもぐしてしまう。
雲南珈琲の焙煎ショップで珈琲を買い、ホテルに帰ってゆっくり
大麦クルミ餅と雲南コーヒーを堪能。
そのあと昼寝して、傘を借りて夕飯に。



夕飯は昨日食べなかった、ヤク肉鍋。ヤク肉はあらかじめ圧力かけて下煮をしてあるらしく、
とても柔らかで、においも薄い。どっちかっていうと、ちょっと乳くさいかな?
まあこんな感じかなーという味。



あとは大麦(裸麦)餅。裸麦はチベットのツァンパと原料でもあり、
日本だと麦こがしとか、はったい粉で食べられています。
香ばしくて懐かしくてとても良い香り、ほっとする味。
真ん中左は、ミルクティーに裸麦粉を入れたもの。こちらも美味しい。

暖かいお店の中で鍋を食べ終わって、外に出るとすごく寒い。



雨がみぞれに変わっている。
まったく、明日の観光はどうなることやら。



飲み足りなかったので、ホテルのそばの石窯ピザ屋をはしご。
発芽裸麦ピザ、だそうです。チーズが地味にちゃんとしたチーズで美味しい。
発芽裸麦は、ぷちぷちした歯ごたえと、独特の香りで、不思議な感じ。

1年のうちにハイシーズンが3ヶ月だけで、山だらけで、
特産はヤク肉と大麦。観光地としては結構厳しいんじゃないか。
「シャングリラ県」って改名したのは大成功だよなー。
と、ピザをもぐもぐプチプチしながら思ったのであった。

明日は観光だー!つづく
 


     
関連する記事



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif